2019年観に行った展示2

11. へそまがり日本美術 禅画からヘタウマまで - 府中市美術館、5/4

f:id:neovillage:20190504144510j:plain

時系列飛ばしちゃった。美術館に入ったけどすごく並んでて、諦めようかなと思ったそのときに雹が降ってきたのでおとなしく並んだ。展示もそうだが館の雰囲気もかなりほのぼのしていた。観終わっても雨は降り続けていた。濡れながら歩いてコンビニ寄ってベンチであいすまんじゅう食べて帰った。


12. クリムト展 ウィーンと日本1900 - 東京都美術館、6/4

f:id:neovillage:20190604124343j:plain

絵の半分を同色で塗りつぶしたり、余白をたっぷり残すものが多くて、描き込みしなくて不安にならないんだろうか?と思ったが、なんというかストーリーがだいじなんだろうなと思う。


13. 江戸の凸凹-高低差を歩く - 太田記念美術館、6/18

作品リストに加えてなんと地図がついてきた。地理的に浮世絵を観る研究はあるとしても、展示って今までにあったのかな。面白い視点だよなあ。


14. 遊びの流儀 遊楽図の系譜 - サントリー美術館、7/13

『誰が袖図屏風』という、遊び終わった後の誰もいない、しかしさっきまではそこにいたであろう人の着物がてきとうにかかっていたり、片付けられない囲碁の道具がそこらへんに置いてある部屋の様子を描いた屏風絵がありたいへん興奮した。


15. 青のある暮らし-着物・器・雑貨 - 太田記念美術館、7/21

f:id:neovillage:20190721132634j:plain


16. 原田治 展「かわいい」の発見 - 世田谷文学館、7/30

f:id:neovillage:20190730150058j:plain

原田治といえば私にとってはミスタードーナツのグッズだった。でもそれだけじゃないという当たり前のことを知れた。


17. 異世界への誘い-妖怪・霊界・異国 - 太田記念美術館、8/7

f:id:neovillage:20190807120717j:plain

いいポスターだなあ…。


18. 特別展 三国志 - 東京国立博物館、8/9

くまなく、わかりやすく解説されていて大変助かった。三国志読んでるけど登場人物多すぎてすぐ忘れるからな。(読み始めて3年経ってる)


19. 浅野家がたどった城 浅野家の城と陣屋 - 広島城天守閣、9/1

f:id:neovillage:20190901154451j:plain

広島旅行で行った。ぎっしり展示で楽しかった。刀剣もあった。


20. ポルノ展 20 YEARS EXHIBITION - パルコミュージアム、9/3

f:id:neovillage:20190903140102j:plain

世に出てきてくれてありがとう。


今年はぐるっとパスを入手した関係もあり、例年よりハイペースでまわってるようだ。残りは年末年始あたりに。

2019年観に行った展示

だらだら列挙。


1. 乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展 - ソニーミュージック六本木ミュージアム、1/16

f:id:neovillage:20190116155518j:plain

衣装やMVのアイデアスケッチ、ロケハン資料などなど結構見ごたえがあって楽しかった。しかしNGT48の事件が発生したことがきっかけで、この展示を最後に乃木坂46の活動を追わなくなったのだった…


2. 筑前左文字の名刀 - 刀剣美術館、1/27


3. ヒグチユウコ展 CIRCUS - 世田谷文学館、2/6

f:id:neovillage:20190206124839j:plain

ポスターよすぎて家の壁に貼ってる。


4. 河鍋暁斎 その手にかけぬものなし - サントリー美術館、3/10

河鍋暁斎だいすき。狩野派のひとでもあるんだよということがよくわかる展示だった。


5. 江戸の園芸熱 - たばこと塩の博物館、3/10

f:id:neovillage:20190310154303j:plainf:id:neovillage:20190310165206j:plain

河鍋暁斎観てたら興奮してきて4.からはしごした。渋谷から移転後初めて行ったが、相変わらず独特な佇まいだった。こんときもう桜咲いてた。


6. ル・コルビュジエ 絵画から建築へ-ピュリスムの時代 - 国立西洋美術館、3/27

奇想の系譜展が激混みで堪らずここに逃げ込んだのだが、充実していて想定よりじっくり観た。2016年のポンピドゥ・センター傑作展という展示で彼の絵画を初めて観て、それから気になってはいたのだった。


7. 奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド - 東京都美術館、3/27

そんなわけでル・コルビュジエを観た後に向かったがまだ激混みだったので、ルートを逆走して観た。


8. トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美 - 国立新美術館、5/9

f:id:neovillage:20190509153518j:plain

富めるものに宝はあつまるな〜と思った。スルタン花押トートバッグかなり気に入って使っている。


9. ムーミン展 The art and The story - 森アーツセンターギャラリー、5/9

8. の近くだったのではしご。これは正直物販目当てで行ったんだ。でも行かなければ浮世絵を見本にして描いたイラストがあったことを知ることができなかった。


10. 二日間だけの両国橋ワンダーランド - 回向院、5/12

両国橋を題材にした画の展示。浮世絵ジグソーパズル欲しくて衝動買いしそうになったのをがんばってこらえた。


まだ続きます。


美術館2館はしご、9/13

金曜日に休みをとった。

正午に家を出れればいいなと考えていた(この時点であまり期待していない)のだが、風呂掃除や洗濯をしていたら午後2時とかになってしまった。
そんなもんだよなと思って、家の近くのパン屋が店頭で販売していたワッフルを買って駅のホームで電車を見送りながら食べた。
ワッフルひとつだけにするつもりが、気づいたらふたつ買ってた。

 

 

1933年の室内装飾 朝香宮邸をめぐる建築素材と人びと - 東京都庭園美術館

f:id:neovillage:20190914005044j:plain

東京都庭園美術館は毎年、この美術館そのものに関する展示を開催してるらしい。自分は初めて。

通常の企画展を観てても、この建物の特殊性に想いを馳せないことはないくらい面白い造りをしていて、どこの美術館よりも建物自体の構造が展示に大きな影響を与えていると思う。
アール・デコ様式の装飾がなされた三階建てで、それぞれの部屋は独立したコンセプトがあるように感じる。細かく指定配置された壁紙、大理石、ガラス、家具、床に使われる木材やタイル。

ガラス模様や大理石の見本帳が展示されててよかった。たくさん選択肢があるということを知る喜び。
一階の間仕切りガラスには加工がされてるんだけど、それが星新一の挿絵を多く担当した真鍋博のイラストっぽくてよかった。

 

この建物はひとつの用途にひとつの部屋をあてがっていて、それにより小部屋が連続する造りになっている。
朝香宮夫妻は狭いのが好みだったのか、アール・デコがそういうもんなのかはわからない。
自分が住んでいるワンルームの参考にしようといくつか写真を撮ったけど、無印良品ニトリだけでアール・デコつくれるかな。

 

あとはウィンターガーデンが期間中限定公開されていた。他の部屋と比べてかなり異質だった。

 

 

美ら島からの染と織 色と文様のマジック - 松濤美術館

f:id:neovillage:20190914012307j:plain

 

neovillage.hatenablog.jp

去年サントリー美術館で展示されていたのは琉球王国時代の文化財全般という感じだったが、今回は染織に焦点を当てたもの。
松濤美術館は2回目だな、前いつ行ったんだっけ?と思って探したら2017年1月だって。あん時は歯の治療中で、痛みを感じながら一人でおしゃれガレット食べたわ。いい思い出。
ていうか上記のブログ書いたのちょうど1年前だ!

そんで展示、良かった。松濤美術館、いつもあっさりしていていい。手抜きという意味ではなく。解説は細やかだし、今回は織物作家のプロフィールも展示されていたし。

紅型織物、よく使われるモチーフに鳳凰、松竹梅、牡丹、波、雲、亀、団扇など。そこから4,5種くらい入れ込んでいるので、季節感とかない。
それがいいんじゃないですか!とにかくおめでたい感じ、好きです。

「白地牡丹尾長鳥流水菖蒲文様紅型木綿衣装」というタイトル(展示のために付けられた?)の紅型が一目見てこいつぁすげえ…と思ったら国宝だった。白地の生地で、背中から肩にかけて大きく配された牡丹、その周りを飛ぶ尾長鳥、そして着物の裾には流れる川に咲く菖蒲の花。
いいものを観た。

図録買った。

 

美術館を出た頃には午後6時になってて(松濤美術館が金曜日は夜間開館していて助かった)、渋谷に来たしおしゃれなもの食べるか、と思い立ってオムライス食べた。
「おしゃれな食べ物」で真っ先に浮かんだのがオムライスって。大丈夫?わたし令和のスピードについていけてる?
でも美味しかったから10分たたずに完食したよ。


そういうスピードじゃねえよ。

モアナ 南海の歓喜 - 早稲田松竹

f:id:neovillage:20190817180101j:plain

早稲田松竹にずっと行ってみたくて、でも映画あんまり得意じゃないから遠巻きに眺めてるだけだったんだけど、やっと観てみたいと思える映画が!

 

「モアナ 南海の歓喜」は1926年に公開された無声映画に、音を後から加えて1980年に復元されたもの。最初の無声映画ロバート・フラハティが制作し、今回の音声付きはその娘のモニカ・フラハティが編集。

この映画で「ドキュメンタリー」という言葉が初めて使われた。

 

ポリネシア圏のサモア諸島に属するサヴァイイ島で、婚礼の儀を迎えるまでの青年とその婚約者、家族の生活の様子が描かれる。

主人公の青年モアナとその弟のペアと父親は外で狩りや漁をする。それらと同時進行で母親のツウンガイタは家で樹皮を加工して服を作り、モアナの婚約者であるファアンガセは料理の下準備を行う。

淡々とした進行のわりに、場面がくるくる変わり、行動の目的が明かされないまま進むので、「次はなんだろう」と思いながら観ていた。

 

ペアがかわいい。10歳くらいだと思う。わなにかかったイノシシを縛り上げたとき、とても高いヤシの木に登ってヤシの実を落とし、きちんと降りてきたとき、自分で工夫してカニを捕まえたとき等々、いつもにこにこしている。カメラがあるからか?と思ったけど照れ笑いではなく、ピュアな笑みだった。めちゃかわいい。
そんで最後の婚礼の儀ではみんながモアナを祝して踊ってる中眠ってるの。そこでは寝るんかい!
めっちゃかわいかった。

モアナと父親も大概で、貿易風の影響で海が荒れに荒れているのに小舟を出して、案の定波に飲まれる。明らかに漁できる状況じゃなかったでしょ。そして岸辺の岩にのぼってバカでかい波しぶきを体に受ける二人。
フー!じゃあないんだよ。危ないよ。

 

さまざまな食糧を調達して家に戻ったら、今度は儀式の準備。

ここでモアナは通過儀礼であるタトゥーを入れる。針はないので動物の骨を使う。
大人の男性として認められたモアナは村人たちに祝われ、みんなで踊り明かしてエンディングへ。

 

モノクロなのに海の透明度の高さや、タロイモ畑の青さが容易に伝わってくる。それに唄がかさなり、豊かな生活が表現される。

音が映像撮影の50年後に収録されたと予め知っている状態で観たのに、なんのズレも違和感も感じなかった。本当に凄い。


個人的に、大学で文化人類学について軽くかじってから、ポリネシアの生活文化に薄い興味があった。
(授業で見た「ポリネシアの伝説 少年は海を渡る」という映画をもう一度観たくてずっと探しているのに、もう売られてないっぽい)
だから今回の機会は自分にとってすごく良かった。

「欧米人による島嶼地域の人々への“エキゾティックさ”の強要」についてひっかかっていて、なんとなくそれは自分にとって知らない感覚ではないような気がしている。

まあそれはそれとして、この映画は変わった手法で撮られていることや多少の演出があったことを差し置いても、そういう文化が確かに存在していたということ、それを私たちが認識できるということについて、とても大事な立ち位置にある作品だと思った。
いい映画だったな~。

 

2018年みたものきいたもの

みたもの
展示以外。

相撲
九月場所五日目 国技館、9/13

f:id:neovillage:20180913155520j:plain
貴乃花親方が勝負審判として土俵に上がった時がいちばんドキドキした。あの時は引退するなんて思ってもみなかった。貴重な瞬間を観れてよかった。


ライブ
MONKEY MAJIK TOUR 2018  - SINGLES COLLECTION - NHKホール、11/11

f:id:neovillage:20181218031352j:plain

とてもとてもかっこよかった…。
ライブは2016年に次いで2回目。聴きたい曲を聴けたなあという感じ。嬉しかった。まんぷくの出演者も来ていたよ。
まんぷくの出演シーンも見たよ。かっけ〜。俳優業もどんどんやってほしい。




舞台
キャラメルボックス2018グリーティングシアター
ながれぼしのきもち ポケットスクエア ザ・ポケット、9/24

f:id:neovillage:20180924133446j:plain古くからの友人が所属していて、自信作には毎回声をかけてくれる。

自分ではない人間を生きるのってどんな感じかな。
友人じゃない友人を観て、友人だなあと思いながら観てるんだけど、でもその作品の登場人物として確かにそこにいたんだよなあ。不思議だな。

 

映画
バーフバリ 3/5


たいへんいい映画だった。血が湧き、胸は高鳴る。王は吠え、民衆が踊る。

食べる女 9/25

f:id:neovillage:20180925175349j:plain
シャーロット・ケイト・フォックスがどちゃめちゃにかわいかった…。

シャーロット・ケイト・フォックスがどちゃめちゃにかわいかった。彼女は…なに?日本という薄汚れた地を清めてくださるこの世でたったひとりの大天使?

ボヘミアン・ラプソディ 12/9

f:id:neovillage:20181209175726j:plain
QUEENが好きだから観に行った。
最初から最後まで大音量で曲が聴けてよかった。
ロジャー・テイラー(ドラム)の甘いマスクがすごい。「ハンサム」でも「イケメン」でもなく「甘いマスク」という表現しか当てはまらない彼の顔。


きいたもの
今年1週間以上聞いたもののみ。歌手50音順、シングル・アルバム混在。

AKB48『NO WAY MAN』
・ダンスが激しくてシリアスな曲が好きなのでYouTubeで延々リピートしてMV見てた。宮崎美穂がウインクするところが好き。

BLACKPINK『AS IF IT'S YOUR LAST』『SQUARE UP』『SQUARE TWO』
・まずYouTubeでIZ*ONEを見てた流れで辿り着いて、そっから延々ループして見まくった。ダンスプラクティス版も見た。K-POPを聞き込んだのはこれが初めて。原曲のまま聞いてる。『PLAYING WITH FIRE』が好き。

m-flo『come again』
・前々から買おっかな~どうしよっかな~と悩んでいた曲で、とうとう買った。2001年リリース。

MONKEY MAJIKenigma
・ライブ参加が確定して急いで聞き込んだ。MONKEY MAJIKはアルバムの1曲目のイントロが毎回良くて、今回もそうだった。

あいみょん『青春のエキサイトメント』
・思った以上にドはまりして我ながら驚いている。セカンドアルバム楽しみにしています。

安室奈美恵『BEST FICTION』
・忙しくて残業続きだったとき、狭いフロアでひとり安室奈美恵のゴリゴリのHipHopを聞いて心を落ち着かせていた。

宇多田ヒカル『初恋』
宇多田ヒカルの人生をリアルタイムで感じられる喜び。

倉木麻衣『Mai Kuraki BEST 151A - LOVE&HOPE - 』
・Disc2の『Strong Heart』が好き。泣きながら走る毛利蘭。

坂道AKB『誰のことを一番 愛してる?』
・ダンス含めて好き。サビ「眼差しで聞いたのに~」の部分の松井珠理奈が恐ろしい。

乃木坂46シンクロニシティ
・卒業ニュースは慣れているが生駒里奈だけはショックだったなあ…。『Against』が乃木坂46の全楽曲、全MVでいちばん好き。ちなみに次点で好きなのは『ブランコ』。

ぼくのりりっくのぼうよみ『Noah's Ark』『Fruit Decaying』『シャルル』
・とにかく早口なのと、声が好き。『シャルル』はボカロ曲のカバーで、たいへん良い感じです。

ポルノグラフィティ
『BUTTERFLY EFFECT』
・最高にグッとくるアルバムがきた…。ファン続けててよかった。
・職場のコミュニケーションがうまくいかなくて腐っていたときに『Working men blues』で何度も救われた。この曲がなかったらそのまま腐葉土になっていた。
・『Fade away』のような失意のどん底にいる岡野昭仁が大好き。
『カメレオン・レンズ』
・最高なアルバムを出した次のシングルがさらに最高だった。こんなことあるの?
『Zombies are standing out』
・配信限定シングル。岡野昭仁の歌唱力がどんどん上がっていく…。


こんなもんかな。
映画は全く観ないから3本は多いほう。今年は女性アーティストをよく聞いてたんだな。
毎年やろうかなあ。 

習い事の感想

手話

neovillage.hatenablog.jp

20回を終えた。
11~20回目を7月から11月までで終えたんで、今回は4ヶ月くらい。

 

短文を手話で表現したり、手話ビデオを見て内容を読み取ったり、を繰り返した。
とにかく集中力が求められる。たいへん…。
手話語彙力が全然ないので、表現がわからない単語は指文字でやったりしてなんとか通じたのかなあ、ぐらい。

大事なこと
・表情をオーバーに
・相槌だけ打たない、自分で話題を振る(ろう者は相手が話し始めるまで話を止めない、らしい)

守れたかどうかはわからないが、とりあえず意識することはできた。
まだ続ける。

 

 

英会話

neovillage.hatenablog.jp

 2ヶ月くらい通ったとこ。

動詞テスト、リスニング、英会話の例文をひたすら流暢に言う練習。
毎週課題があって、新聞記事を読んで意見出したり、リスニング(ネイティブアメリカンでない人の英語も含む)をしたり。ムズい!
でもお酒飲みながらやる回もあったりして楽しい。こないだはテキーラ飲んでゲイの下半身事情の話を聞きながらトランプした。
クラスメイトの人も優しくておもしろい。


講師は
・表情で伝えようとするな、言葉にしろ
と言う。

「お前らはわかんないとき"わかんないから説明を続けて"って顔するだろ。そうじゃなくてその通りに言え。とにかく喋ろ」とのこと。
手話と意識することが違って戸惑うけど、要するに聞き役に徹するなってことかな、と思ったら割と手話と通じるものがある。

ていうか会話全般そうなのか?え?もしかして真理?齢28にして真理に辿り着いたんじゃないこれ?遅くない?

 

習い事をするにあたって

これは自分用の戒めなんだけど、

・その場にただいるだけでできると思うな

これに尽きる。
手話も英会話も、最初は身一つで行って、もらったテキストをただその場で読んで、講師のやることをただ真似して、それでなんかできた感に浸っていた。
これだめ。次教室入ったときどころか、その日に家帰ってテキストを読み返すときにはきれいさっぱり忘れている。
メモ取らないとだめ。メモを取ろう。講師を待たせてもいいからメモを取ろう。


コミュニケーションの習い事に通ったことは我ながら信じられないくらいの進歩で、別に目標もなければ高い志もないのに、ノリで始められたからすごい。身につけられたらもっとすごくなれるからがんばりたい。

うまく自分の伝えたいことが表現できなかったり、表現できても誤解させてしまったり、どぎまぎして顔が熱くなるのを感じたり、恥ずかしくてすぐ涙目になったり、とにかく自分は弱すぎる。スキルも弱いしメンタルも弱い。
全部まるごと別人になれたらいいのにと思うけど、そうもいかないし、聞き役に徹してプロテクトするのは最悪だって学んだから、まずはとにかく素材を集めて、そっから自分なりに考えて組み立てていくしかないんだと思う。
地道にやろう。

観たもの備忘録

2018年で観たものまとめ。

 

1. 明治維新150年 幕末・明治 激動する浮世絵
 太田記念美術館、1/11

f:id:neovillage:20180111140750j:plain
戊辰戦争が起きて明治時代が訪れたときの浮世絵が、各浮世絵師の個性がいちばん分かりやすく出てるかもしれないなあと思った。はっきりした色使いを好み、ミーハー感の強い豊原国周、西洋画技法の流行を見越して取り入れた月岡芳年、その弟子の小林清親と水野年方、文明開化を風刺した河鍋暁斎

小林清親と水野年方の画は本当に繊細で、光の揺れすら再現するような、観てるとこれは浮世絵という枠をはみ出しているんじゃなかろうかと思わされる。
河鍋暁斎の独自性は明治に入っても相変わらずで、ザンギリ頭に散髪される閻魔とか、ドレス姿の奪衣婆とか(『地獄の開化』)。

 

 

2. ボクガ、コナベ 若冲・芦雪の墨画と古鍋島
 東京黎明アートルーム、1/30

大雪のあった1週間後とかに徒歩で向かった。この頃は冬季うつど真ん中で、これではいかんと重い体を無理やり引きずって行った。平日昼間ということもあり周りがすごく静かで、 それでちょっと落ち着いたのだった。

 

3. 戌年の心新たに 神様・ほとけ様 展
 河鍋暁斎記念美術館、2/6

 

 

4. 色絵 Japan CUTE!
 出光美術館、2/23

展示はすごくよかった。ただ個人的に有楽町という街にどうしても馴染めない。
シェイクシャックを食べて帰った。

 

 

5. 江戸の女装と男装
 太田記念美術館、3/10

 これは本当にいい展示だったなあ。

 

 

6. 歌川国貞展~錦絵に見る江戸の粋な仲間たち~
 静嘉堂文庫美術館、3/17

二子玉川から結構距離があり、バスで行った。
この時も結構心が沈んでいた気がするなあ。美術館ではちょうど学芸員さんがガイドをしていた時間帯で、お客さんが大勢いた。

 

 

7. 書道博物館の名品ずらり
 書道博物館、4/13

なかなか珍しい場所にある。受付の方がフレンドリーだった。

 

 

8. 中村佑介
 池袋パルコ本館特設会場、4/26

中高生時代に聴き込んだ曲はいつまで経っても特別。

 

 

9. takeo paper show 2018 precision 精度を経て立ち上がる紙
 スパイラルホール、6/3

初めて行った。展示作品を観終わったあと、さまざまな質感の色とりどりの紙を思い思いに破って持ち帰る、という行為も含めて、変態のつどいだなと思った。
成人が紙を破りまくるなんて光景、普通は見れない。

 

 

10. 江戸の悪 Part Ⅱ
 太田記念美術館、7/24

f:id:neovillage:20180724143755j:plain

あんまり記憶がなくて、当時のメモを見返したら、なんか体調よくなかったっぽい。
ただこのテーマはすごく好きで、Part Ⅰも観に行った。誕生日がちょうど展示開始日で、そういう思い入れもある。
体調よくないときはやはり頭が回らないらしく、「展示は1枚の音楽アルバムに似ている。2曲目にシングル曲が入る、みたいに、2枚目が有名な画だったりとか」、「知らない絵師が出てくると新たな地下アイドルを見つけた気分になる」など、作品そのものに集中できなかった感満載である。

 

 

11. デザインあ展 in TOKYO
 日本科学未来館、7/30

館名が覚えられない。
子どもはもちろん、おとなもノー知識で行って楽しい展示だと思う。
夏休みが始まっていて行列ができており、一旦諦めてお台場で暇つぶしした後また戻って観た。帰らないでよかった。

 

 

展示はこんなもんかな。
本当は映画とか舞台をメインにしたかったんだけど、書き留めてない展示が多すぎた。
また次回にしよう。