琉球の記憶 針突(ハジチ)山城博明写真展 - 農業書センター、9/8

この記事を読んで、あっこれ知ってる、行こうと思った。

私は2年前サントリー美術館の展示でハジチの存在を知った。ハジチというのは、沖縄の若い女性に施された、腕から手先にかけての入れ墨のこと。
その時は、鎌倉芳太郎という沖縄文化研究者の記録ノートが展示されていて、そこにハジチの文様がスケッチされていた。婚礼時とか、通過儀礼の風習として行われていた、みたいな説明文があったと記憶している。手先だからめちゃくちゃ痛いだろうなと思ったくらいだったんだけど、インパクトが強かったので、名称は覚えていた。


初めて農業書センターに入った。一階のドラッグストアに入って、階段を上がったところにある。写真は階段に沿って展示されていた。
記録DVDが流れていて、私が行った時にはすでに3人ほどがそれを見ていた。

ハジチを現在保有(入墨を身体に残し続けることをなんて表現するのかわからない)している人はいない。写真は撮影当時1980年代あたりで100歳を超えた人が被写体。それなのに、カラー写真が多くて驚いた。1972年に撮影されていたものがあったけど、その当時ってカラー写真あったんだっけ?わからん。後で本を読んだら「カラーフィルムは値段が高かったけど、ハジチの鮮やかさを撮るために買った」と記載されていた。

これがその本。

f:id:neovillage:20200909013625j:plain

写真が鮮明で、いろんなおばぁがハジチを見せてくれる。
それだけじゃなくて、昭和後半の当時の生活の様子がわかる写真もあって、すごいいいなーと思った。私が好きなのは、祭りの最中におばぁが3人座り込んで煙管を吸っている写真です。かっこいい・・・

あんまり関係ないけど、沖縄では結った髪のことを「カンプー」と呼ぶ。
カンプーの写真もあって、私それまでカンプーって単語をすっかり忘れてしまっていて、結構焦った。私自身が沖縄にいた当時そんなに方言を使ってなかったというのもあるけど、でも日常でよく聞く単語だったのに。もう忘れん。


巻末に民族社会学の視点からアプローチされた解説があって、これもすごく興味深かった。島嶼独自の文化がどのように途絶えることとなったか、明治時代に「国民」というひとつの概念を目指した日本政府と、そこでつくられた「標準」から外れた地方文化との攻防について。

地方でいつのまにか伝統になった文化や風習を「野蛮なもの」と定義して、一律に上から取り締まって「標準」と同化させることが良いこととは到底思えないが、ではこれらが現在まで残っていたほうが良いかと問われれば、ちょっとモゴってしまうのが正直なところ。
まあ、今の時点から過去を見るからモゴってしまうだけで、同じ時代に生きていれば感覚もかなり違っただろう。伝統はそれくらい心の支えになるし、禁止令が出たからといってなかなかパッと離れられるものではない。

解説では外国諸島での入墨文化についても触れられていて、そこで思い出したのが、去年観た映画だった。ポリネシア圏に属するサヴァイイ島での(そこでは男性の)通過儀礼としての入れ墨。誇らしさを手に入れ、周囲の人に自分を認めてもらうためのもの。
この映画自体も、撮影したときにはすでにその文化は廃れていたという。

ハジチがあることによって、沖縄県民とそれ以外の出身者とのトラブルがあったことも当時報道されていたらしい。
一度「標準」がつくられてしまうと、そこから外れた者として生き続けるのはかなり難しいと思う。精神的な苦悩の中で徐々に折り合いをつけていったのだろう。
相対的に見て自分がマイノリティであることって、どうやったら納得できるんだろうか?
反対に、自分は標準だと言い切れる根拠は一体どこにあるんだろう?
全然わからん。


農業書センターは、一般書店ではなかなか見かけない本が多くて面白かった。
月の満ち欠けカレンダーも買っとけばよかったかなあ。

 

太田記念美術館コレクション展、月岡芳年 血と妖艶 - 太田記念美術館、7/12、8/25

太田記念美術館コレクション展 7/12

f:id:neovillage:20200825222851j:plain

実際何ヶ月振りなんだっけ?と思って確認したら8ヶ月だった。。

太田記念美術館は7月から再開になって、(ほとんどの美術・博物館がそうであるように)展示スケジュールが大幅に変更された。7月だけ予定になかったこの展示が組み込まれたということで、思いがけず館所蔵の貴重な作品が観れた…。
公式Twitterも話題になった河鍋暁斎の身体スケッチとか、普段は展示の機会がないんじゃなかろうか。

鍾馗と鬼シリーズはいつ見てもいいな〜。個人的には暁斎画の印象が強いんだけど、いろんな絵師が題材にしてたみたい。鍾馗のお付き人となった鬼、鍾馗に足首を掴まれて逆さ吊りにされた鬼、鈴木其一の扇子絵は剣を持った鍾馗に全力疾走で追いかけられて必死に逃げまくる鬼。
くすっと笑えるものが多く、全体的にほのぼのとした雰囲気で気分が安らいだのを覚えてる。

 

月岡芳年 血と妖艶 8/25

f:id:neovillage:20200825152135j:plain

月岡芳年展は毎年初夏に開催されている。2015年に『江戸の悪Part1』が開催されてから始まったような気がするけど、毎年恒例と銘打ってるのかどうかはわからない。
でも毎年行ってる、月岡芳年がすべての画家の中で一番好きだから…
今年は中止もありえるなと思っていたので、開催が決まったと知ったときはめちゃくちゃ嬉しかった。

私は芳年の画から溢れる「ピーンと音が聞こえてくるほどの緊張感」が好き。それから、日常のひとこまを切り取った、というにはあまりにリアルタイムで「“それ”が行われている」感の強い美人画も同じくらい好き。芳年の風俗三十二相は最高。月百姿と風俗三十二相の図録は私の棺桶に入れてください。今回の展示はそれらが観れてめちゃくちゃいいぞ。前期後期で全点展示替えだから後期も行こうね。

英名二十八衆句シリーズは地下でまとめて展示されている。いかにもという感じ。地下室が似合う。このシリーズはとにかく出血多量だから、観続けてると気分が悪くなる人もいるかもしれない。
練馬区立美術館の芳年展(2018年8月)でも、隔離されて展示されていた上に注意書きがあったくらいだし。てかこんなどぎついのを連続で描いてたらそりゃ本人も病むだろうよ。
血が出るほどの暗い話ばかりの中、真田幸村が兵士を優しく介抱するシーンを描いた『魁題百撰相 滋野左ヱ門佐幸村』が印象深かった。

 

師匠の歌川国芳から学び、次第に独自の画風を確立させていくさまも、解説文のおかげで感じ取ることができた気がする。
この文章めちゃくちゃオタク早口だね。
やっぱり浮世絵観るの楽しいな。

興奮したのかわからんけど帰りにアットコスメ行って7せんえん使いました。

 

おいしい浮世絵展 - 森アーツセンターギャラリー、7/22 と山くじらを食べた話

f:id:neovillage:20200722130217j:plain

事前予約制だった。今後の美術館や博物館はこれがスタンダードになるかもなあと思う。
混むとじっくり観れないし、館側で不都合がなければ事前予約制どんどん増えてほしい。

予約した時間まで六本木ヒルズで暇を潰そうと思って入ったカフェで胃の調子が悪くなって焦った。サンドイッチをめちゃくちゃ急いで詰め込んだから……。展示には余裕で間に合ったし、すぐおさまったからよかったものの。

 

内容はめちゃくちゃよかった。鰻、寿司、スイカ、白玉、酒等々を見つめる江戸の人々の表情よ…。
食事が日々の暮らしの楽しみであることが伝わってくる。
歌舞伎役者たちの楽屋での打ち上げから、子守をしながら酒を嗜む市井の人々のようすまで、さまざまなシチュエーションの食事風景が描かれていた。

f:id:neovillage:20200812015013j:plain

これは歌川国芳『春の虹蜺』という団扇絵(のポストカード)で、これが私はいちばん好きかな。鰻の串焼きを食べようとしたまさにその時、虹が架かり、一瞬そちらに釘付けになる。令和みを感じる。

 

 

江戸時代は表向き肉食が禁止されていて、だから肉を提供している店は「山くじら」(→山でとれた鯨)「ももんじや」(→「百獣」屋)等と称していたらしい。公然の秘密的な感じだったんだろうか?そこで牡丹鍋とかをふるまっていたんだって。

で、その店が両国にあるんで、行ってきた。

f:id:neovillage:20200812015705j:plain

熊ソース焼

 

f:id:neovillage:20200812015750j:plain

猪(網焼きで食べた)

 

f:id:neovillage:20200812015930j:plain

鹿のたたき

 

やばくないですか?全部めちゃくちゃ美味しくてマジでやばかった。
しかもこれらは野生の、ということだった。
クセはなく、しかし牛や豚とは全く違う味だった。ただひたすらめちゃくちゃ美味しい肉…これが山くじら…
冬になったら鍋を食べに行きたい。

 

美術館で得た知識を実生活で確認できてとても嬉しい。自分の生活に染み込んでいく感覚がした。

 

時間をかける

新潮文庫の夏特装カバーが好きで、気になったのがあったら買っている。
今年(毎年買ってるわけではない)は村上春樹の『東京奇譚集』を買った。

本って気になってる時間が新鮮なうちに読み切らないとぜんぜん読めない、ということに最近気付いて、毎晩ヒプマイARBやる前に時間つくって読んでた。ヒプマイARB先にやると読まなくなるから。

結果としては2日間で読み終わった。短編集だしね。ハナレイ・ベイってこれに入ってたんだね。
偶然の旅人、品川猿が面白かった。

 

 

三浦春馬さんのことが正直まだ重く残っていて、別にファンというわけでもなかったのになぜだろう?と思ったり、曲を聞いて歌うめーなと思ったり、手当たり次第に記事を読んでは自己嫌悪に陥ったりしている。

別に真実とか知りたくない、ストーリーをでっち上げたくないし、わからないものはわからないままにしておきたい、でも感情の行きどころがない、とふらふらしていたときにたまたま『東京奇譚集』を読んだ。

いろんな欠落を抱えながら人生はそのまま続いていくな、と当たり前のことを確認した。わたしの人生だけではなく、欠落したものの人生も。
感情の行きどころなんかそもそも存在しないのかもな。
なんなら毎年1月15日に考えていることだったわこれ。なんで同じことで悩んでんだろうか。やっぱり少なからずショック受けたってことなんだろうし、その都度考え直す時間が必要ということでもあるんだろう。

 

 

沖縄がいよいよやばい。いっそのこと仕事辞めて帰ってそのまま家族と過ごしたい。
とか言いつつ、実際そうしたら後悔するんだろうな、俺は八方美人で中途半端な人間だから…………
今の職場が完全在宅勤務OKになったら(絶対にできない、断言できる)、割と迷わず沖縄に行くだろうなとは思う。

 

うーん困った。困ってない。

 

 

近況

友人や姉とひっそり会うなどしていた。
自分はひとりで長時間過ごすのが平気なほうだからこそ、数週間に一度は人と話す時間がつくれたらいいなーと思う。

f:id:neovillage:20200803020531j:plain

水族館に行ったときの。このくらげかわいかった。

 

さすがに体が重くて(物理的に)、今日から1万歩歩くことにした8/1から開始すると己のプレッシャーに負けそうだったから8/2から。
出勤日は日中4,000歩くらい歩いてるから、退勤後に二駅分歩けば1万歩はクリアできるんじゃないかな。数字と漢数字が混じっていて気持ち悪いですね!
日焼けしたくないし日焼け止めも塗りたくないから夕方活動でタラタラ歩こう。

f:id:neovillage:20200803021526j:plain

これ今年4月の歩数グラフ。5〜7月もこんなもん。

去年の同じ時期と比べたら平均5,500歩少なかった。5,500歩はだいたい170Kcal(ちゃんと計算してません)。別にたいしたカロリー数じゃないですね。そうなんだよダイエットってこういう計算するとモチベーション下がるんだよな、忘れてたわ。
電車のドアに貼られてる小さいサプリ広告のバチェラーみたいに新しい習慣取り入れたらいつのまにか体重減ってました!っていう顔を早くしたい。

 

奇才 江戸絵画の冒険者たち - 江戸東京博物館、6/16 +雑記

f:id:neovillage:20200616114117j:plain

まずは再開を素直に喜びたい。

前に展示観に行ったのいつだっけ?と思って調べたら去年の12月だった。半年…。

 

入ったらフェイスシールドとマスクを装着した受付の方が体温を測ってくれた。腕にかざすだけでわかるやつ。
展示を観たい気持ちだけで行った(感染者数が不安定なので、またいつ休業になってもおかしくない)のだけど、「どこから来たかわからん奴に館内をうろつかれるのは迷惑ではなかろうか」とも思ったし、行ってよかったのかどうか今も解が出ない。

 

「奇想の系譜」(東京都美術館、2019年2〜4月)の内容を基礎とするなら、今回のはもうちょっとマニアックな印象。
「奇想の系譜」は絵師の個性がより激しめに出ているアクの強い作品が多かったけど、「へそまがり日本美術」(府中市美術館、2019年3〜5月)で取り上げられたようなゆるめの絵柄の作品や、今まで取り上げられることが極端に少なかった絵師の紹介などもあった。なにがどう「奇才」なのか、概念の多様性を提示してくれるような内容だった。あとは地域で章立てしていたのも面白いアプローチだなーと思った。

 

会期が2ヶ月から3週間に縮小、そして作品数もかなり減ってしまった状況を思い、鑑賞中何回かウッとなってしまった。
いつも通りグッズをいくつか購入し、おおむね1時間半の滞在で終えた。

 

f:id:neovillage:20200619024849j:plain

博物館駐車場の紫陽花

 

ここから話変わるんだけど、「美術館女子」がここ数日話題になっていた。
私は美術館に行くのは好きだけど、これはスルーしてもよさそうな話題だなと思い、企画そのものを読まなかったので、私がこの話に意見を言うことはできない。

 

検察庁法改正の件から何度か思ったことがあって、それは「別に全ての事象に対して自分の意見をつくらなくてもいいんだよな」ということ。
もちろん内容を知ろうとしなければ意見は生み出せない、そして逐一自分の意見や意思を表明する、特に怒りを示すことでよりよい社会の実現につながる、それはそう。
そう思うんだけど、私はやっぱり自分の精神衛生を優先したい。そこはかとない後ろめたさをどう処理するかは今後の課題になるだろうか。

 

Twitterはかなり濁流みが増している。
検察庁法改正、メディアと誹謗中傷、賭け麻雀、ローソンPB、BlackLivesMatter、元アイドルのプライベート流出、アンジャッシュ渡部の不倫、美術館女子、マジで息が詰まる。
一つひとつを深読みしようとしなくてもいい。これはわからん、それは興味ない、あれはどうでもいい。別にそれでいいし、そう表明するのもいいと思う。
とにかく最近の応酬にはうんざりしている。私はこのブログを書き終わったらTwitterに上げるけど、早く濁流に飲まれることを願う。

 

自分が向き合わなければならない問題を取捨選択できるようになれたらいい。(≠向き合いたい問題、なんだけど、これが一番難しい)

 

世界地図を覚える

前回のブログを書いた後も考えていたんだけど、考えるうちに内省が始まってしまい、デモをしやすい社会は健全だ、しかし意見を社会に表明するのは覚悟がいるし、問題に対する強い感情がなければ動けない、やっぱり私は社会運動に乗れないな、しかし意見を表明することを「社会運動」とすることで自分で勝手にハードルを上げていないか?そのあたりに自身の矮小さが見えるななどとうだうだするようになり、その間に社会はあっけない結末を迎え、それにも落胆してしまうなど、よくない連鎖が続いた。
なかなか引きずるタイプ。


先生はいつも大事なことに気づかせてくれるね

gendai.ismedia.jp

「知識がなくても発言していい!」という投稿を見て「それはそうなんだが、知識がないことを誇るなよ」とむかついていたので、これを読んでマジでそう、と思ったし、新たに納得できた部分もあった。

 


閑話休題(長かったですね)。
それでまあとにかく気分を変えようと思って、ずっと前に買ったこれを引っぱり出してきた。


下敷き(日本・世界セット)。世界地図のほう。Amazonで買ったんだけど今見たら在庫切れだった。

裏はこんな感じ

f:id:neovillage:20200523181406p:plain

これをひたすら丸暗記。国旗が五十音順に並んでるので、
①国名
②首都
③場所
を覚える。

地理に苦手意識があって、高校のとき1年間だけ習ってたんだけど、気候と農業以外はからきしだめだったんだよな…
なんとなくコンプレックスだったから覚えようと思って買ったんだけど、ほったらかしにしてた。


丸暗記の方法、本当に丸暗記で、語呂合わせもつくらない。なぜなら語呂合わせを覚える脳の容量がないから(ただし語呂合わせは思い出すきっかけになるので、長期的に見れば語呂合わせをつくったほうがいい気もする)
ひたすら反復して記憶づけている。地図をランダムに指差したところを言えるようにしたり、覚えた順と逆の順で言えるようにしたり。
で今は国旗の上から3段目まで覚えた…54ヵ国…あと今国の数調べたら事情がわかってへーってなった、つくづく常識ないですね。

ベランダに椅子出して、携帯を持たずに覚えるためだけの時間を設けた。かなり楽しい。1時間半くらいで9~10か国覚えられる。
その間換気もできるし。


これがうまくいったら、日本地図版で山脈とか川とか名産物を覚えたい。星座も。とにかく知らないでそのままにしていたことが多すぎてなー。
地球儀もほしい。