5月23日

f:id:neovillage:20140814153620j:plain


祖母が他界したのでしばらく静かに過ごしていた。

沖縄県にも緊急事態宣言が発令されたため、葬儀への出席はしなかった。とりあえず日程を教えてもらって、家族の状態を心配しつつなんもできない日々を送った。
上司に「葬儀には出席できないが喪に服す時間がほしい」と正直に相談したら、忌引を認めてくれてありがたかった。

しかし半年に一度、帰省するたびに必ず会いに行っていたのに、最後の別れが叶わないなんてことあるかよ〜。やるせない。
もちろん東京で生活することを決めたときに、家族や親戚を看取れないことの覚悟はしていたけど、その原因が感染症の蔓延とは思いもよらなかった。。
祖母の死を受け入れられたのかどうか、自分で判断がつかない。いつか(いつになる?)沖縄に帰った日にわかるだろうか。政府や都のお願いをお利口にきく自分に腹が立つ。しかし実際に私が引き金になって感染を拡大させる恐れがあるし、かかりたくないし、と思うと「自分も行きたい」とはとても言えなかった。
法事は滞りなく終了したという連絡があって、それで少しほっとした。


祖母は那覇市の公設市場につながる通りで服を売っていた。上の写真は数年前、店の中から撮ったもの。
小さい頃はよく祖母が働いてる時間に遊びに行き、商店街仲間のおばちゃんたちからお菓子をもらうなどしていた。

私が最後に会ったのは2020年の正月で、祖父母家で食事をしたんだった。でもどういう会話をしたかおぼろげだ。私の名を呼び、それからなんて言ったんだっけ?記憶はどんどん薄れる。
思えば全然ぼけなくて凄かったな。90歳で逝ったのだが。


祖父母家から帰るときはいつも、「これが最後かもしれないから、ハグしよう」と言って、玄関でハグする習慣がついてから5年。
入院し、孫の代まで全員病院に呼んで、最後のスピーチをし、みんなで泣いた。
あれから3年。がんばったね。

美術館はしご(緊急事態宣言前日)

江戸の敗者たち - 太田記念美術館

f:id:neovillage:20210424154637j:plain

やべえ絶対混むから早く行かなきゃ!と思って11時半前に行ったら結構空いていた。1時間程度で観終わったころには原宿全体の人が増えていた。
源平合戦本能寺の変上野戦争とよく題材になる戦いから、桃太郎と金太郎のほほえましい決闘(?)、吉原(みたいな風俗街)に行こうかどうか迷う男の心の葛藤、のようなテーマまで。
合戦絵って構図がおおむね決まっているので似たような絵が並ぶんだけど、「敗者」をテーマにするとそれぞれの物語に着目することになり、言いようのない淋しさやはかなさが浮かび上がってくる。
日本史勉強したらもっと楽しく観れると思う(浮世絵を見始めて10年経つが日本史まったく詳しくない)。
ところで「織田信長に虐げられる悲劇のヒーロー明智光秀」という人物像って近年出てきた考えなのかと思ってたら、江戸時代の時点ですでに描かれているとのこと。「中村吉右衛門の馬だらひ光秀」(名取春仙、これは大正時代の作品)がよい作品だった。恨みのこもった顔のアップ。
あっ、あと蘇我入鹿を描いた作品もめちゃくちゃよかったんだった。悪い顔ってあんな顔だよなと思う(豊原国周「五代目大谷友右衛門の入鹿大臣」)。
併設されているかまわぬショップにて手ぬぐいのシロツメクサ柄ブックカバーと紫陽花柄のハンカチ買った。


ミュシャ グラフィック・バラエティ - うらわ美術館

f:id:neovillage:20210424204542j:plain

1月に芳年展行ったときの半券を利用してリピーター割引にしてもらった。
うらわ美術館これで2回目なんだけど、入口の雰囲気からは想像できない奥行きがあり作品点が多い。
ミュシャが目指した「大衆のための芸術」はどのように実現されていったか、その実績や成果がよくわかる。ミュシャ展前行ったのいつだっけ?と思ったら2017年だった…

neovillage.hatenablog.jpこの時はスラヴ叙事詩がメインだったのだが、今回はポスターや出版物の挿絵、レストランのメニュー表やお菓子のパッケージ、果ては切手、保険証書に至るまで、市民の生活に浸透したミュシャの絵が多く見られる。
ある程度実績積んだ後にアメリカに渡ってお金を貯め、すっぱり撤退してチェコに帰ってスラヴ叙事詩の制作に専念する、という生き方はまじでカッケー。才能というよりは故郷への思い、情熱の総量がすごいという印象を受けた。
さまざまなモチーフが収録されている冊子『装飾資料集』『装飾人物集』を見ていると、読者に「見て学べ」とでも言っているかのように淡々とデッサンを描き続けるところが北斎漫画に通じるものがあるなと思った。
ところで展示では「ミュシャ(ムハ)」と記載されており、何かなと思ったら、ムハはチェコでの発音ということらしい。
ということで1時間半たっぷり堪能し、明日は外出しなくていいように少し食料を多めに買って帰宅。


明日から緊急事態宣言が発令されるため臨時休館のお知らせが一斉に出た。こんないつもの休日も簡単に禁止されてしまう私たちの生活っていったいなんなんだろう。
誰が誰を見下しているか、そして私自身が誰を見下し、誰に見下されているか、ということがよくわかった1年だったし、これからも身に沁みて感じることが多くあるだろう。

雑談

仕事をめちゃくちゃ省電力モードでやってる。もう…愛想とか…よくなくて大丈夫かな?という心配すらしなくなった。でも態度が冷淡すぎると同僚に注意される(された)。マスクで顔を隠してなかったら冷淡さがより際立つからマスクしててよかったと思った。愛想笑いするときも、マスクがあるおかげで口角を上げる必要がなくなったから目をギュって細めるだけで済ましている。絶対にバレていると思うが。愛想ってあたらしい名前図鑑に載っててもおかしくなさそうな文字列だね。そう思いませんか?

春だったね

f:id:neovillage:20210412215931j:plain


そういえばNIKEの筋トレアプリ今も続けていて、ワークアウト回数100超えた。継続期間半年くらい。えらすぎるう・・・
ワークアウト中にトレーナーの指示が流れる設定にしてるんだけど、マジきつい時に「頑張ってください、ここからが勝負です」「集中して」みたいな声が飛んできて、それがなぜか面白く感じてギャハハハ!って笑ってしまうから余計きつくなる。
それはそれとして最近朝食取る代わりに昼食を抜くことにしたら体重減りまして、そうなんだと思いました。筋トレで基礎代謝増やした上で一回の食事量を減らせばスピリチュアルな体つきになれるはず。


前の帰省から1年以上経過してしまって方言を忘れてしまいそうでこわい。職場でゴリゴリの沖縄方言で喋ったら皆は何も言わずに受け入れてくれるだろうか?という妄想をよくするが、私は標準語話者と話すときは標準語のスイッチがちゃんと入るように訓練されたロボットのため実際に方言を口に出すことはない。


美術館は今年に入って3つの展示を観た(芳年、吉田博、筆魂)。行きたい展示が来週から始まるので楽しみ。
冬〜春は本当に動けなくて、休日はほとんど夕方まで寝ていた。寝るから寝てしまうんだとわかって、睡眠時間を半ばむりやり減らしたら日中出かけられるようになった。
と言っても駅前のカフェで読書して帰るだけで精一杯なのだが、積ん読の山が低くなっていくのは快感だ。
今年はどこそこに行ってこういうことをした、と気兼ねなく言えるような年になればいいと思ってたんだけど、もう雲行きがあやしくなっているな。

近況(睡眠について)

最近は夕飯直後に1時間寝て、日付越えたあたりで入浴し、髪が乾くまでヒプマイARBやって、そのあと空白の時間があり、4時半くらいで眠りに落ち、8時に起きる、というサイクルでやっている。
休日は11時頃に起きてる。だめな日は16時まで寝てる。

iPhoneで勝手にとられる記録によると、5時間半の睡眠時間を確保すれば日中うとうとせずに済むっぽい。短い気がするけど、自分に合ってるならそれでいいや、どうせいくら寝ても寝足りなく感じるし……

長年使ってた枕の枕カバーが強風で飛ばされてしまい、どうせならと思って今年から枕をIKEAの1,500円くらいのやつに買い替えたら寝付きがあからさまに良くなりびっくりした。小さい頃から寝付きの悪さに悩んできたのでかなり助かってる。バスタオルもIKEAにした。



ところでこれは2020年春の睡眠の様子です。

f:id:neovillage:20210310220149j:plain

このブログ書こうと思って睡眠記録見返してたらこれが出てきてこわかった。

これは先月。

f:id:neovillage:20210310220415j:plain

いやあ、安定してほんとうによかった。

今年の鑑賞行為について

今年は美術館というか何らかの展を鑑賞しに行ったの7回だけだった。いやあ、7かあ。
2016〜2019の年間平均値は約25。そこから考えるとかなり少ない。

去年の暮れにぼんやり「疲れた。2020年は特別展多そうだけど、あんまり行かないかもな」と思っていた。これは単純に鑑賞に足る体力とモチベーションが落ちてきたという意味だけど、予感は微妙に的中してしまった。病が主な原因になるとは想像もつかなかったけど。

今年最後はこの展示。

河鍋暁斎の底力 東京ステーションギャラリー、12/8

f:id:neovillage:20201229032933j:image

下絵(版画になる前のラフ画みたいな)のみの特集で、河鍋暁斎の筆跡がそのまま見れるのか、すごいな…と思って行ったら本当にすごいのばっかでちょっと引くくらいでした。

サラサラ描いてるような筆運びなのに、人間は正しい骨格に基づいていて、想像上の動物でもそのものを見てデッサンしているかのような「確かさ」があって、それでいてこの画は暁斎のものだと誰もがわかるような豊かな表情があって。

でも、センスはもちろんあるんだろうけど、「天才」というよりは「努力の鬼」だったんだろうな、と思わせる組み立て方だった。


2019年前半までは1時間半〜2時間程度の滞在がほとんどだったのが、最近はきっかり1時間で見終わることが多い(もちろん展示規模にもよるが)。今年は作品数を減らして開催されたものもあったし、その影響と私自身の問題と、どちらもあるんだろうな。

行った7つの展示の内ひとつは月岡芳年、ひとつはこの河鍋暁斎の特集で、この状況下でお気に入りの絵師のがふたつも観れたことはとてもラッキーだった。電車で1時間かからずに行ける美術館がごろごろあって、そこに自分好みの展示がうまいこと開催されてるんだから、東京は恵まれてるよ、マジで。

 

私がやってる「鑑賞」には個人的な決まりごとがあって、

  • 作品を見てから解説文を読む(解説文に沿った見方しかできなくなるのを防ぐため)
  • 解説文は理解できるまで読む
  • 会場から出たらなるべく早く感想をメモする(すぐ忘れるから)

ま、これだけなんだけど。ノルマ多くてもしんどいだけだからね。
体力が落ちたっていうのは、このみっつを守ることすらできなくなってきたな、ということで。
すぐ解説文読み始めちゃったり、鑑賞中に何を考えてたかじっと思い出す作業を苦痛に感じたり、なんかテキトーになってきた感があった。
物販目当てで行って、自分がしていることはただの消費だ、と自己嫌悪になったこともあった。

美術に関する知識のない私が、なんで美術館にいそいそ行くのか。自分自身が何に感動してどういうことを考えるのか知りたいからだ。鑑賞を通して自分と向き合う時間をつくっている。だからその確認作業を怠ったら、行く意味がほとんどなくなってしまう。

今年はペースをゆったりにして、腰を落ち着けて考えなきゃと思っていたので、半ば強制的に美術館に行けない状態が続いたことは、自分の鑑賞行為を見つめ直すいい機会になったかな。

 

来年はどうするかな…。正直、あちこちたくさん行きたいとは思ってない。今年は特に厳選せざるを得なかったけど、見たいものだけ見に行くスタンスはこれまでと変わらない。世の中が明るくなったら自分も心が外向きになっていくかもしれないが、別にそうなれなくてもいいかなと思っている。

筋トレをがんばっている話他

筋トレをがんばっている話

Nike Training Club を始めて丸2ヶ月を経過し、40回のワークアウトを達成した記念。

f:id:neovillage:20201206224802j:plain

え・・・えら〜い!こんなに続くなんて信じられない。
8月に1万歩あるくぞみたいな決意も酷暑でマジで無理になって5日も経たずにやめた人間が。

最初はリングフィットアドベンチャーいいなと思ってたんだけど、絶対Switch起動する習慣つかない。
自分が毎日触るのはiPhoneだけ。

コーチングがある
・トレーニングメニューを自動で組んでくれる
Apple Musicと連携できる

この3点が良い。
2日に1回、器具なしで設定している。

身体が締まっていくのが目に見えてわかるのは純粋に嬉しい。
体重ですか?去年の健康診断から2kg増えてました。自粛期間は朝5時にラーメン食べたり寝起きの深夜1時に弁当食べたり、これでもかってくらい生活リズム狂わせていたことを思うと、2kgで済んでよかったねほんと。
筋トレが体重に影響してるかどうかは正直微妙だと思う。


後輩と近所を散歩した話

今年度入った職場の後輩が近所に住んでるということで、休日にぶらぶらしてきた。
庭園とか公園とか行きました。ネイチャー

後輩はちょっと懸念事項がある部署の配属なので、それとなく聞き出すことを個人的なミッションにしてたんだけど、私は会話が下手で、昼ごはんに入ったカフェで開口一番「どう…職場に嫌な人いない?」みたいなことを聞いてしまいました。
どう…じゃねーよ。全然それとなくできなかった。でも素直に話してくれました。

ところで今年度入ったってことは8歳年下ということで、困った〜何話そ〜本心では嫌がられてたらどうしよ〜などと悩んだんだけど、普通に楽しかったな。
そもそも同い年だろうが何歳差だろうが私は人と会う前日いつも勝手に悩んどる。もうちょっと相手を信じよう。


友人と近所を散歩した話

英会話教室に通ってたときの友人。
友人も私も英会話辞めちゃって、それ以来だから10ヶ月振りに会ったのか。時の流れは早いねえ。
庭園とか行きました。困ったら庭園の法則。あと川沿いをむちゃくちゃ歩いた。

この友人は2歳年上なんだけど、英会話に通ってたときは日本語禁止だったから、英語のノリで喋ると日本語ではタメ口になるんだよな。どうすりゃいいの? でも知り合って数年経ってるし、あんまり気にしてなさそうだし、まいっかと思ってタメ口で話してる。

私はこの秋個人的に悲しいニュースが続いていて、それは誰にも話してなかったんだけど、なんとなくこの人だけには話してみた。そしたら無理に慰めようとするでもなく、フラットに受け止めてくれて助かった。

f:id:neovillage:20201207002856j:plain

私はいろんな人に気遣ってもらってんなとしみじみ思う。

 

近況

ストッキングが全部破れたので新しいものを買った。ATSUGIの。
炎上の流れは一通り見たけど、だからといって不買までは行かないなと思った
製品を購入することで、女性蔑視に加担してるって思う人もいるだろうし、今後購入しない選択をとる人のことを批判する気はない。
ただ個人的には、切り捨てるには早いかなと思ったくらい。


こないだねデスク買ってテレビ台を捨てたんだけど、デスクって便利だね。
パソコン開けるし。(今まではスツールの上に置いてさらにその上に本を積んでいた)
ソファに座ってローテーブルでご飯食べる様式がどうしても嫌で、今まで狭いキッチンに折りたたみの作業テーブルと折りたたみ椅子を置いて、そこで食事したり在宅勤務したりと主な居場所にしてたんだけど、デスクができて居場所がリビングになったので「正しい場所に戻ってきた」感ある。


仕事は次年度の準備が始まって忙しくなってきた。
今年から主担当になった業務があって、難しくて半泣きで作業してる。俺はポンコツや…。

どこの職場でもそうかもしれないけど、冬から春になるときと夏から秋になるときって一風変わった電話が多くて、こないだは「コロナウイルス対策でウチの町内会で回覧板が回せなくなった」みたいな話で40分とられた。40分聞くほうも聞くほうである。
あとは悩み相談とかね…。カウンセリングの知識がないので、自分がなにか致命的な一言を言っちゃったらどうしようと思ってひやひやしますね。だからひたすら聞くことしかできない。制度かなんかを利用して事務的に解決できることなら手伝えるんだけどなー。


あとは最近江戸切子体験に行った。

f:id:neovillage:20201115211330j:plain

f:id:neovillage:20201115211416j:plain


所要時間40分くらい。ひっそり黙々やる感じで楽しかった。