今年の鑑賞行為について

今年は美術館というか何らかの展を鑑賞しに行ったの7回だけだった。いやあ、7かあ。
2016〜2019の年間平均値は約25。そこから考えるとかなり少ない。

去年の暮れにぼんやり「疲れた。2020年は特別展多そうだけど、あんまり行かないかもな」と思っていた。これは単純に鑑賞に足る体力とモチベーションが落ちてきたという意味だけど、予感は微妙に的中してしまった。病が主な原因になるとは想像もつかなかったけど。

今年最後はこの展示。

河鍋暁斎の底力 東京ステーションギャラリー、12/8

f:id:neovillage:20201229032933j:image

下絵(版画になる前のラフ画みたいな)のみの特集で、河鍋暁斎の筆跡がそのまま見れるのか、すごいな…と思って行ったら本当にすごいのばっかでちょっと引くくらいでした。

サラサラ描いてるような筆運びなのに、人間は正しい骨格に基づいていて、想像上の動物でもそのものを見てデッサンしているかのような「確かさ」があって、それでいてこの画は暁斎のものだと誰もがわかるような豊かな表情があって。

でも、センスはもちろんあるんだろうけど、「天才」というよりは「努力の鬼」だったんだろうな、と思わせる組み立て方だった。


2019年前半までは1時間半〜2時間程度の滞在がほとんどだったのが、最近はきっかり1時間で見終わることが多い(もちろん展示規模にもよるが)。今年は作品数を減らして開催されたものもあったし、その影響と私自身の問題と、どちらもあるんだろうな。

行った7つの展示の内ひとつは月岡芳年、ひとつはこの河鍋暁斎の特集で、この状況下でお気に入りの絵師のがふたつも観れたことはとてもラッキーだった。電車で1時間かからずに行ける美術館がごろごろあって、そこに自分好みの展示がうまいこと開催されてるんだから、東京は恵まれてるよ、マジで。

 

私がやってる「鑑賞」には個人的な決まりごとがあって、

  • 作品を見てから解説文を読む(解説文に沿った見方しかできなくなるのを防ぐため)
  • 解説文は理解できるまで読む
  • 会場から出たらなるべく早く感想をメモする(すぐ忘れるから)

ま、これだけなんだけど。ノルマ多くてもしんどいだけだからね。
体力が落ちたっていうのは、このみっつを守ることすらできなくなってきたな、ということで。
すぐ解説文読み始めちゃったり、鑑賞中に何を考えてたかじっと思い出す作業を苦痛に感じたり、なんかテキトーになってきた感があった。
物販目当てで行って、自分がしていることはただの消費だ、と自己嫌悪になったこともあった。

美術に関する知識のない私が、なんで美術館にいそいそ行くのか。自分自身が何に感動してどういうことを考えるのか知りたいからだ。鑑賞を通して自分と向き合う時間をつくっている。だからその確認作業を怠ったら、行く意味がほとんどなくなってしまう。

今年はペースをゆったりにして、腰を落ち着けて考えなきゃと思っていたので、半ば強制的に美術館に行けない状態が続いたことは、自分の鑑賞行為を見つめ直すいい機会になったかな。

 

来年はどうするかな…。正直、あちこちたくさん行きたいとは思ってない。今年は特に厳選せざるを得なかったけど、見たいものだけ見に行くスタンスはこれまでと変わらない。世の中が明るくなったら自分も心が外向きになっていくかもしれないが、別にそうなれなくてもいいかなと思っている。

筋トレをがんばっている話他

筋トレをがんばっている話

Nike Training Club を始めて丸2ヶ月を経過し、40回のワークアウトを達成した記念。

f:id:neovillage:20201206224802j:plain

え・・・えら〜い!こんなに続くなんて信じられない。
8月に1万歩あるくぞみたいな決意も酷暑でマジで無理になって5日も経たずにやめた人間が。

最初はリングフィットアドベンチャーいいなと思ってたんだけど、絶対Switch起動する習慣つかない。
自分が毎日触るのはiPhoneだけ。

コーチングがある
・トレーニングメニューを自動で組んでくれる
Apple Musicと連携できる

この3点が良い。
2日に1回、器具なしで設定している。

身体が締まっていくのが目に見えてわかるのは純粋に嬉しい。
体重ですか?去年の健康診断から2kg増えてました。自粛期間は朝5時にラーメン食べたり寝起きの深夜1時に弁当食べたり、これでもかってくらい生活リズム狂わせていたことを思うと、2kgで済んでよかったねほんと。
筋トレが体重に影響してるかどうかは正直微妙だと思う。


後輩と近所を散歩した話

今年度入った職場の後輩が近所に住んでるということで、休日にぶらぶらしてきた。
庭園とか公園とか行きました。ネイチャー

後輩はちょっと懸念事項がある部署の配属なので、それとなく聞き出すことを個人的なミッションにしてたんだけど、私は会話が下手で、昼ごはんに入ったカフェで開口一番「どう…職場に嫌な人いない?」みたいなことを聞いてしまいました。
どう…じゃねーよ。全然それとなくできなかった。でも素直に話してくれました。

ところで今年度入ったってことは8歳年下ということで、困った〜何話そ〜本心では嫌がられてたらどうしよ〜などと悩んだんだけど、普通に楽しかったな。
そもそも同い年だろうが何歳差だろうが私は人と会う前日いつも勝手に悩んどる。もうちょっと相手を信じよう。


友人と近所を散歩した話

英会話教室に通ってたときの友人。
友人も私も英会話辞めちゃって、それ以来だから10ヶ月振りに会ったのか。時の流れは早いねえ。
庭園とか行きました。困ったら庭園の法則。あと川沿いをむちゃくちゃ歩いた。

この友人は2歳年上なんだけど、英会話に通ってたときは日本語禁止だったから、英語のノリで喋ると日本語ではタメ口になるんだよな。どうすりゃいいの? でも知り合って数年経ってるし、あんまり気にしてなさそうだし、まいっかと思ってタメ口で話してる。

私はこの秋個人的に悲しいニュースが続いていて、それは誰にも話してなかったんだけど、なんとなくこの人だけには話してみた。そしたら無理に慰めようとするでもなく、フラットに受け止めてくれて助かった。

f:id:neovillage:20201207002856j:plain

私はいろんな人に気遣ってもらってんなとしみじみ思う。

 

近況

ストッキングが全部破れたので新しいものを買った。ATSUGIの。
炎上の流れは一通り見たけど、だからといって不買までは行かないなと思った
製品を購入することで、女性蔑視に加担してるって思う人もいるだろうし、今後購入しない選択をとる人のことを批判する気はない。
ただ個人的には、切り捨てるには早いかなと思ったくらい。


こないだねデスク買ってテレビ台を捨てたんだけど、デスクって便利だね。
パソコン開けるし。(今まではスツールの上に置いてさらにその上に本を積んでいた)
ソファに座ってローテーブルでご飯食べる様式がどうしても嫌で、今まで狭いキッチンに折りたたみの作業テーブルと折りたたみ椅子を置いて、そこで食事したり在宅勤務したりと主な居場所にしてたんだけど、デスクができて居場所がリビングになったので「正しい場所に戻ってきた」感ある。


仕事は次年度の準備が始まって忙しくなってきた。
今年から主担当になった業務があって、難しくて半泣きで作業してる。俺はポンコツや…。

どこの職場でもそうかもしれないけど、冬から春になるときと夏から秋になるときって一風変わった電話が多くて、こないだは「コロナウイルス対策でウチの町内会で回覧板が回せなくなった」みたいな話で40分とられた。40分聞くほうも聞くほうである。
あとは悩み相談とかね…。カウンセリングの知識がないので、自分がなにか致命的な一言を言っちゃったらどうしようと思ってひやひやしますね。だからひたすら聞くことしかできない。制度かなんかを利用して事務的に解決できることなら手伝えるんだけどなー。


あとは最近江戸切子体験に行った。

f:id:neovillage:20201115211330j:plain

f:id:neovillage:20201115211416j:plain


所要時間40分くらい。ひっそり黙々やる感じで楽しかった。

 

最近読んだ聴いたもの(備忘)

備忘と書いたけれどももう既に忘れてるものが多い。
あと写真がないので読みづらい。

 

読んだもの
最近っつっても8〜9月の期間の話。本は一気に読める短い期間と、その後まったく読まない長い期間が交互に来る。

神の子どもたちはみな踊る新潮文庫) 村上春樹
東京奇譚集を読んだ後、「いつも短編しか読まないけど長編小説にもチャレンジしてみよう」と思って書店に行ったものの、勇気が出なくて代わりに買った短編集。
でも題材がずっしりめなので読みごたえがゴリゴリあって良かった。
Twitterでもしょっちゅう書いてるけれども、私は読書感想文が大の苦手です。

風の歌を聴け講談社文庫) 村上春樹
長編を読みたいけど絶対挫折しそう、既に持ってる本で短めの小説を読んで体を慣らそう、ということで数年ぶりに再読。
景色が浮かびやすい話だと思った。本読んでる時に浮かぶ景色って、その後日常で思い出して「そんなとこ行った覚えあったっけ?」「そんな会話誰としたんだっけ?」ってなることない?
自分はこの本でたびたびそうなる。なんなら今回再読して「あの記憶捏造だったんか」ってなった。捏造ってわけでもないんだろうけど。思い込みが強いんかね。

グレート・ギャツビー中央公論新社) スコット・フィッツジェラルド村上春樹
長編読むぞ!!と思ったのって、これが読みたかったからなのだった。
3年前に立ち読みして、「面白そうだけど読み切る自信ないな」と思ってそのままにしておいた本。
実際どうだったかっていうと、面白すぎて実質3日くらいで読み終わってしまった。
おもしろポイント、ぜんぶ訳者あとがきに書かれてるけど、1920年代の話を現代でも通じるように読めるのがすごい。ストーリーを訳しながらニュアンスを微調整するのは至難の業と思う。あと原作者自身が波乱万丈の人生だったようで、それも興味深い。

首里の馬(新潮社) 高山羽根子
第163回芥川賞受賞作。芥川賞作って初めて読んだ。
舞台が沖縄だしクイズと博物館が絡んでるし面白そうだな、と軽い気持ちで購入。文庫化まで待とうかとも思ったけど、その時には読む気失せてるだろうなと…。
主人公が自分のペースを守りながら、知らず知らずのうちにたくましくなっていく様子がはたから見てて面白い。元々しっかりしている人で、思慮深いがゆえに口下手なところがあって、本人もそれを自覚していて、みたいな。俺じゃん?
ちょいちょい主人公の芯の強さがあらわれる場面があるんだけど、なるほどこうして人は「自分」をつくっていくのか、と思った。
主人公とほかの登場人物とのそれぞれの人生が、因果関係なくたまたま交わったところに「今」がある、ということが淡々と描かれていた。そしてそれは物語を求める私たちにとって、少し酷なようにも思えた。

ところで本を買うときは、「最初の一文が良い」または「立ち読みで1ページめくったら買う」と決めているんだけど、他の人ってどうなんかな。

・異邦人(新潮文庫カミュ、窪田啓作訳
あっさり始まってあっさり終わる。何よりも主人公が不気味なほどあっさりしている。短い小説で、主人公のことが分かりきれずに読み終わってしまった。
かなり特殊なタイプの主人公。「世の摂理に逆らわずに生きる」という感じなんだけど、諦念というほど美しいものでもなく、泰然自若というほど堂々としているわけでもなく。
仕方ないだろが(逆ギレ)みたいな態度が、まあまあ分からんでもないのだけど、何かに足掻いたり現実に起きた結果を覆そうとしたりする描写が一切なかったので、どんな幼少期だったんだろ〜って思った。
一人称の語りで感情移入しづらい小説は珍しい。


聴いたもの

・NOT SHY / ITZY
ITZYってもう3年くらい活動してるグループかと思ってた。
昨年デビューだって、びっくりしちゃったね。
表題曲の歌詞が自分勝手だけど優しいのバランスが良いってなりました。なんか、いい人たちなんだな〜みたいな。
アルバム最後のBe In Loveが良すぎて、あとMVが意味わからんめちゃくちゃかわいくて、泣くかと思いました。
韓国のアイドル事情かなり厳しそうだけど、健やかに過ごしてほしい…。

・THE ALBUM / BLACKPINK
Love To Hate Meの歌詞がめちゃくちゃ辛辣で好き。今までリリースした曲の中でもでトップレベルなんじゃないかな。プロデューサーどんな思考してるんだ。
Lovesick Girlsはかわいい曲かと思ったら全然そうじゃなかった。ロゼが泣き狂うのと最初から最後まで一人きりでいるジスがよいMV。ジスたまに安室奈美恵に見えるときある。
K-POP聴くようになったのはこのグループがきっかけなので、猛スピードで天下とってて嬉しいです(と言ってもK-POPグループ3組しか知らない)。
カーディBが普通に普通の良い歌詞つけててそれがいちばん面白かった。

SphinX / THE9
C-POPっていうジャンルらしい。
中国のプロデュース番組から生まれたグループ。YouTubeで公開されてる番組をかいつまんで見てたら、日本や韓国のオーディション番組とは違って、騒がしくてフレンドリーな雰囲気が新鮮だった。あと個性がバラバラ過ぎて面白いな〜って思って、Apple Musicに曲あったから聴き始めた。

・LOVE YOUR LOVE / LOVE PSYCHEDELICO
2017年のアルバムを聴き逃していたので今更聴いている。
1曲目好きすぎてその印象が強いんだけど、Rain ParadeとかPlace Of Loveとか名曲もたくさんある。
こないだ音楽番組に出演したとき話題になってたみたいだけど、この人たちの変わらなさ、ほんとに素晴らしいと思う。

 

これぐらいかな。
不思議なのは、自分が考えごとや悩んでいることの答えが、たまたま読んだ本や聴いた音楽の中にあることで、まあ脳内で無意識に繋げて解釈しているんだと思うけど、こういうのってなんて言うのかな。
とにかく本や音楽で気分が救われることが多くて大変助かっている。

好き勝手言ってんじゃないよ

www.google.co.jp

 

公務員へのバッシングが異常だった2013年頃、「つぎは大学だなあ」とぼんやり思っていたのが現実になる。

詳細はまだわからないが、中身を読む限り懲罰的な意味合いが含まれていることは間違いなさそう。それとも晒した大学にはなにか補助してくれんの?

友人や家族と仕事の話をするとき、「学生は構内に入れなくてかわいそうだね」と必ず言われるし、私自身そう思うけれども、日本政府はそれを言える立場じゃないでしょ。誰がここまで感染拡大させたんですかと。

 

職場が該当するかしないかはどうでもいいくらいつらい。

 

琉球の記憶 針突(ハジチ)山城博明写真展 - 農業書センター、9/8

この記事を読んで、あっこれ知ってる、行こうと思った。

私は2年前サントリー美術館の展示でハジチの存在を知った。ハジチというのは、沖縄の若い女性に施された、腕から手先にかけての入れ墨のこと。
その時は、鎌倉芳太郎という沖縄文化研究者の記録ノートが展示されていて、そこにハジチの文様がスケッチされていた。婚礼時とか、通過儀礼の風習として行われていた、みたいな説明文があったと記憶している。手先だからめちゃくちゃ痛いだろうなと思ったくらいだったんだけど、インパクトが強かったので、名称は覚えていた。


初めて農業書センターに入った。一階のドラッグストアに入って、階段を上がったところにある。写真は階段に沿って展示されていた。
記録DVDが流れていて、私が行った時にはすでに3人ほどがそれを見ていた。

ハジチを現在保有(入墨を身体に残し続けることをなんて表現するのかわからない)している人はいない。写真は撮影当時1980年代あたりで100歳を超えた人が被写体。それなのに、カラー写真が多くて驚いた。1972年に撮影されていたものがあったけど、その当時ってカラー写真あったんだっけ?わからん。後で本を読んだら「カラーフィルムは値段が高かったけど、ハジチの鮮やかさを撮るために買った」と記載されていた。

これがその本。

f:id:neovillage:20200909013625j:plain

写真が鮮明で、いろんなおばぁがハジチを見せてくれる。
それだけじゃなくて、昭和後半の当時の生活の様子がわかる写真もあって、すごいいいなーと思った。私が好きなのは、祭りの最中におばぁが3人座り込んで煙管を吸っている写真です。かっこいい・・・

あんまり関係ないけど、沖縄では結った髪のことを「カンプー」と呼ぶ。
カンプーの写真もあって、私それまでカンプーって単語をすっかり忘れてしまっていて、結構焦った。私自身が沖縄にいた当時そんなに方言を使ってなかったというのもあるけど、でも日常でよく聞く単語だったのに。もう忘れん。


巻末に民族社会学の視点からアプローチされた解説があって、これもすごく興味深かった。島嶼独自の文化がどのように途絶えることとなったか、明治時代に「国民」というひとつの概念を目指した日本政府と、そこでつくられた「標準」から外れた地方文化との攻防について。

地方でいつのまにか伝統になった文化や風習を「野蛮なもの」と定義して、一律に上から取り締まって「標準」と同化させることが良いこととは到底思えないが、ではこれらが現在まで残っていたほうが良いかと問われれば、ちょっとモゴってしまうのが正直なところ。
まあ、今の時点から過去を見るからモゴってしまうだけで、同じ時代に生きていれば感覚もかなり違っただろう。伝統はそれくらい心の支えになるし、禁止令が出たからといってなかなかパッと離れられるものではない。

解説では外国諸島での入墨文化についても触れられていて、そこで思い出したのが、去年観た映画だった。ポリネシア圏に属するサヴァイイ島での(そこでは男性の)通過儀礼としての入れ墨。誇らしさを手に入れ、周囲の人に自分を認めてもらうためのもの。
この映画自体も、撮影したときにはすでにその文化は廃れていたという。

ハジチがあることによって、沖縄県民とそれ以外の出身者とのトラブルがあったことも当時報道されていたらしい。
一度「標準」がつくられてしまうと、そこから外れた者として生き続けるのはかなり難しいと思う。精神的な苦悩の中で徐々に折り合いをつけていったのだろう。
相対的に見て自分がマイノリティであることって、どうやったら納得できるんだろうか?
反対に、自分は標準だと言い切れる根拠は一体どこにあるんだろう?
全然わからん。


農業書センターは、一般書店ではなかなか見かけない本が多くて面白かった。
月の満ち欠けカレンダーも買っとけばよかったかなあ。

 

太田記念美術館コレクション展、月岡芳年 血と妖艶 - 太田記念美術館、7/12、8/25

太田記念美術館コレクション展 7/12

f:id:neovillage:20200825222851j:plain

実際何ヶ月振りなんだっけ?と思って確認したら8ヶ月だった。。

太田記念美術館は7月から再開になって、(ほとんどの美術・博物館がそうであるように)展示スケジュールが大幅に変更された。7月だけ予定になかったこの展示が組み込まれたということで、思いがけず館所蔵の貴重な作品が観れた…。
公式Twitterも話題になった河鍋暁斎の身体スケッチとか、普段は展示の機会がないんじゃなかろうか。

鍾馗と鬼シリーズはいつ見てもいいな〜。個人的には暁斎画の印象が強いんだけど、いろんな絵師が題材にしてたみたい。鍾馗のお付き人となった鬼、鍾馗に足首を掴まれて逆さ吊りにされた鬼、鈴木其一の扇子絵は剣を持った鍾馗に全力疾走で追いかけられて必死に逃げまくる鬼。
くすっと笑えるものが多く、全体的にほのぼのとした雰囲気で気分が安らいだのを覚えてる。

 

月岡芳年 血と妖艶 8/25

f:id:neovillage:20200825152135j:plain

月岡芳年展は毎年初夏に開催されている。2015年に『江戸の悪Part1』が開催されてから始まったような気がするけど、毎年恒例と銘打ってるのかどうかはわからない。
でも毎年行ってる、月岡芳年がすべての画家の中で一番好きだから…
今年は中止もありえるなと思っていたので、開催が決まったと知ったときはめちゃくちゃ嬉しかった。

私は芳年の画から溢れる「ピーンと音が聞こえてくるほどの緊張感」が好き。それから、日常のひとこまを切り取った、というにはあまりにリアルタイムで「“それ”が行われている」感の強い美人画も同じくらい好き。芳年の風俗三十二相は最高。月百姿と風俗三十二相の図録は私の棺桶に入れてください。今回の展示はそれらが観れてめちゃくちゃいいぞ。前期後期で全点展示替えだから後期も行こうね。

英名二十八衆句シリーズは地下でまとめて展示されている。いかにもという感じ。地下室が似合う。このシリーズはとにかく出血多量だから、観続けてると気分が悪くなる人もいるかもしれない。
練馬区立美術館の芳年展(2018年8月)でも、隔離されて展示されていた上に注意書きがあったくらいだし。てかこんなどぎついのを連続で描いてたらそりゃ本人も病むだろうよ。
血が出るほどの暗い話ばかりの中、真田幸村が兵士を優しく介抱するシーンを描いた『魁題百撰相 滋野左ヱ門佐幸村』が印象深かった。

 

師匠の歌川国芳から学び、次第に独自の画風を確立させていくさまも、解説文のおかげで感じ取ることができた気がする。
この文章めちゃくちゃオタク早口だね。
やっぱり浮世絵観るの楽しいな。

興奮したのかわからんけど帰りにアットコスメ行って7せんえん使いました。